短期のアルバイトは気軽に始められます

私が短期のアルバイトに出会ったのは高校生のときでした。高校時代の冬休み、私は暇だったので仕事をしてお小遣い稼ぎがしたいと思いました。そんなある日、郵便局の前を通ると、短期のアルバイトを募集する広告を見つけたのです。「これしかない」と思った私は、すぐに応募しました。郵便局のアルバイトは毎年たくさんの方が応募してくるようで、早めに動かなければすぐ一杯になってしまうと思ったからです。結局、早めに応募したことが功を奏してか、無事採用されました。郵便局の短期のアルバイトの仕事内容は、年賀状の仕分けでした。次々と局内へ運び込まれる年賀状を、地域毎に仕分けていくという単純な作業です。短期のアルバイト以前に、仕事をすること自体が初めてだったため、初日は困惑することばかりでしたね。まず、出勤したらどうすればいいのか?しかし郵便局の社員の方は嫌な顔一つせず、親切に教えてくださいました。そのおかげで初日以降はスムーズに仕事ができました。

短期のアルバイトで学んだことは、年賀状を仕分けるスキルだけではありません。仕事の基本である、目上の方への挨拶や接し方、仕事に対する意識など、生きていく上で必要なあらゆる要素を学ぶことが出来ました。最初はお小遣い稼ぎという気楽な気持ちで始めた短期のアルバイトでしたが、実際に働くと仕事の大変さや楽しさなど、とてもいろいろな経験をすることができました。ここでの経験は、社会人となった今でも生きているのです。