学生時代短期のアルバイトをしました。

学生時代、いろんな短期のアルバイトをしました。アルバイトをするのにまず登録をしました。そうすると、登録先からこんなアルバイトがあるのですがどうですか、という電話がかかってきます。当時は携帯などない時代でした。もし、その日空いていて仕事をしたければ、大丈夫です、と答えます。そうすると何時にどこに集合と教えてくれます。また時間があって仕事をしたい場合、こちらから何か仕事ありませんか、と電話をかける時もありました。

短期のアルバイトは1日のもありましたが、長くて3日というのもありました。でもやることは同じです。ほとんど看板持ちかビラ配り、サンプル配布です。2月に1日だけの看板持ちのアルバイトをしたことがあります。モデルルームはこちらと書かれた看板をひたすら持つだけの仕事です。ただ持つだけの仕事でしたが、とても寒かったのを覚えています。立ちっぱなしだったので足も痛かったです。この仕事は日給で8000円くらいでした。

化粧水と小さな石鹸の入ったサンプル配布のアルバイトもしました。この時良かったのは化粧品のサンプルだったので通る人が喜んで受け取ってくれたことです。ティッシュ配りの時も喜んで受け取ってくれました。ただのビラだけだとなかなか受け取ってもらえないのです。この時、配り切れず残ったサンプルは持ち帰っていいということだったので持ち帰りました。化粧品のサンプルだったのでうれしかったです。しばらく化粧水など買わずにすみました。